Copyright © HIRO MOUNTAIN PLANNING All Rights Reserved.

Hiro Mountain Planning

ヒロマウンテンプランニング

〒533-0013

大阪府大阪市東淀川区豊里5-28-9​

TEL: 080-3805-4639

月曜日〜金曜日/10:00〜18:00

Please reload

最新記事

2017/08/04 読図とコンパス教室

2017/08/07

 

多くの登山者が苦手なのが…………

読図とコンパス。

 

そもそも登山者に【地図】と言えば今では多くの方が『山と高原地図』を挙げるのではないだろうか!

 

確かに地図ではあるんだけど、厳密に言えばこれは地図では無く山の概念図みたいなものです。

 

登山においての地図とは国土地理院さんが発行してる1/25000の『地形図』

です。

 

コンパスの使い方も奥が深いですし地形図の読み方も奥が深い。

しかし、最近流行ってるスマホ用のGPSアプリやGARMIN等のGPS専用機。

確かに現在地の確定については最近の物は精度が高く大きく狂わないと聞きます。

 

でも、しかし…………

画面上で現在地が表示さえたとしても本人が地形図を読めなければ結果的には自分の居てる現在地からどう動けば良いのか!?

はわからない事になりますよね。

 

それと何よりもバッテリーが切れてしまえば使い物になりません。

最近の機械はバッテリーの持ちも長くなったようですが、やはりアナログではありますがコンパスを使いこなせるようになるのが一番信頼性が持てると僕は思います。

 

デジタルだけに頼らずに基本は自力で読み取る読図とコンパスを主にサブとしてデジタル機器を併用するのが今の時代のやり方ではないかなぁ~と思ったりしています。

 

HiroMountainPlanningでは基本的なコンパスの使い方を実施した後にフィールドに出て実際の地形と地形図を見比べながら地形図の見方を多方面からトレーニングします!

地形図が読めるようになってくると地形図を斜めから透かして見ると、その山の断面図が出来上がります。

そうなれば読図は凄く面白くなります。

ルートファインディングスキルもアップしますしオリジナルのバリエーションルートを作って練習する事も可能です。

 

今回の教室は2名の男性が参加され、各々パートナーと入山する際に万一道迷いが発生しても安心して歩けるようになりたい!

という事で真剣に読図の練習をされてました。

段々コンパスの使い方、地形図の見方がわかってきたようで最終的には読図を楽しまれていました!

今回の教室に参加して良かった!

と言ってもらえました事は主催者として非常に嬉しく思いました。

 

是非、皆さんも楽しみながら読図とコンパスを覚えませんか!