Copyright © HIRO MOUNTAIN PLANNING All Rights Reserved.

Hiro Mountain Planning

ヒロマウンテンプランニング

〒533-0013

大阪府大阪市東淀川区豊里5-28-9​

TEL: 080-3805-4639

月曜日〜金曜日/10:00〜18:00

自己紹介

ABOUT ME

自己紹介

川口 靖弘(カワグチ ヤスヒロ)

Yasuhiro Kawaguchi

1968年 滋賀県生まれ

 

滋賀県で生まれ育った私にとって、幼少期の遊び場といえば琵琶湖か比良の山々でした。その当時夢中だった探検&秘密基地造りが、私の山の原点となっています。以来、時期や年齢によって山の趣向は多少変遷しつつも、縦走登山・積雪期バリエーションルート・クライミング・沢登り・アイスクライミング・スノーボードと、広い範囲でジャンルに分け隔てなく実践してきました。

 

ガイド業を始めるまでは不動産建築の仕事に就き、数多くの新人を育成してきました。新人育成において私が重要視したのはプロセスです。「仕事は結果がすべて」とはよく言われますが、プロセスなくして結果はついてきません。

登山についても同じことが言えます。ただ頂上に登った!登れた!という結果だけでなく、道具選びから計画、安全対策、山と対峙するための心構えといったプロセスを、自身の30年程のプライベート山行でも最重要視してきました。

その経験とノウハウを最大限活用して、皆さまがより安全に、より楽しく山に登れるようサポートしていきたいと考えております。そして、常に新しい目標をもって山に向き合えるよう、皆さまと同じ視点に立ってアドバイスしていくことをお約束します。

 

日本山岳ガイド協会認定登山ガイド

関西山岳ガイド協会所属

EXperiences & history

ガイドになるまでの経緯

実は、自分もロープ知識なんて必要ないと思っていました…。

20歳の頃から長い間、バックパックに衣食住のすべてを詰め込んで歩く縦走登山が好きで、本格的に楽しんでいました。基本的にソロで山へ行っていたのですが、現地で出会う山関係の人達からは度々「山岳会などへ入り、山をきっちり学べ!」と言われてきました。でも、正直なところ全く興味がなかったのです…。

別に学ばなくても、例えば親不知~西穂縦走、大峯奥駈道や台高縦走などのロングトレイルも余裕で歩くことができました。また、スノーボードを担いでバックカントリーにも行っていたので、ボードを使ったレスキュー的なロープワークも会得していました。ですので、自分にはあまり関係のないことだと思っていたのです。

基礎から学んだら、自分の行ける山の範囲が広がった!

10数年前にひょんなきっかけで、自己流だったクライミング系を基礎から真剣に学びました。ホールドの取り方、身体のバランスの取り方(3点支持の重要性)から、本格的な山岳ロープワーク等をしっかり学んだことで、それまでの自分の登山スタイルが大きく変わったことを肌で感じたのです! 登攀の基本やロープワークを習得することで、自分自身の山に対する視野が大きく広がりました。安全マージンも大きく取ることが出来るようになり、結果的に今まで行けなかったルートも余裕をもって行けるようになりました。

 

つまり、余裕をもって安全を確保した上でリスクを取ることが出来るようになったので、自分の行ける範囲・可能性が広がったわけです。主に縦走登山スタイルだったのが、登山の基本をしっかり学び習得することで、岩登り、沢登り、アイスクライミング、ミックスクライミング、バリエーション、キャニオニングなど、今まで行けなかったジャンルにまで広がり、今まで以上に山を楽しめるようになったことに自分自身が気付きました。

ぜひ皆さんも、ご自身のもつ「山力」を上げてみませんか?

「岩登りなんて、山に関係ないよ」「体力さえあれば、歩き方なんて関係ない」「山登りにロープワークなんて必要ない」

と、かつては僕自身も思っていました。

でも「急がば回れ」で、知ってはいるけど多くの人が実践出来ていない「登山の基本の技術・知識」をガイド登山に取り入れることが、皆さん自身がもつ「山力(やまぢから)」の底上げに必ず繋がると信じています。そして結果的に一つでも山での遭難事故がなくなれば良いと思っています。

gallery

ギャラリー